国際ロマンス詐欺の犯人はどんな人を狙うの?

国際ロマンス詐欺の犯人はどんな人を狙うの?

国際ロマンス詐欺の犯人は、出会いを求めている人に狙いを定めます。
出会いを求めている人の中には、とにかく誰でもいいので相手を見つけたいと焦りを感じている方も存在しています。
あまりにも焦りすぎてしまうと、相手の素性や目的を正しく判断することができず、騙されてしまうリスクが大きくなってしまいます。
国際ロマンス詐欺にあいたくないと考えた時には、相手に対して冷静に考えることも必要になるでしょう。
また、甘い言葉に弱いという方も、犯人に狙われる結果となります。
国際ロマンス詐欺では、相手に対して甘い言葉で巧みに騙そうとします。
この言葉に弱い人だと、相手を信じる結果となってしまい騙されやすくなります。
国際ロマンス詐欺にあいたくないと考えた時には、甘い言葉を無邪気に信じるのではなく疑う心も必要になるでしょう。
自分の心を強く持っておくことで騙されるリスクは少なくなってきます。
騙されやすい人は、特に注意が必要です。

国際恋愛から派生する国際ロマンス詐欺の内容

現在は外国人であってもインターネットを使えば簡単に出会うことができ、そこから親しくなって恋愛感情を抱くケースは少なくありません。
特に女性は男性よりも外国人男性に対する強い憧れを感じる傾向が強く、直接に対面していなくても国際恋愛に発展することが多くあります。
その理由は日本人には無い女性を常に立ててくれるレディファーストの精神であったり、体格の違いから男性的な魅力を感じるのでしょう。
国際ロマンス詐欺で近年になって多発しているのは、男性側は母国にいて日本に来日する際に金銭を必要とするものです。
その手口は来日したいがビザの申請費用が無かったり、女性のために購入したプレゼントが税関で止められたために費用の立て替えをして欲しいといった手口になります。
国際ロマンス詐欺は簡単には対面できない立場にある男性が来日してくれたことで、その熱意に対して相手男性を無条件に信じてしまう点が詐欺にかかりやすくなっています。
また、男性側も弁護士や軍人といった一定のステータスがある業種を名乗るところも、そこまで相手を知らないのに信用してしまう要因になっています。